妊娠中や授乳中にコラーゲンゼリーって大丈夫?
  • 肌の構造とコラーゲンの働き
  • おすすめのコラーゲンゼリーの口コミを比較しました!
  • コラーゲンゼリーの選び方
  1. 妊娠中や授乳中にコラーゲンゼリーを摂っても大丈夫?

妊娠中や授乳中コラーゲンゼリーを摂っても大丈夫なの?

妊娠中にコラーゲンを摂っても大丈夫?

妊娠中にコラーゲンを摂っても大丈夫?

妊娠中は身体の状態が大きく変化するため、体調管理が普段通りにはいかないことがしばしばあります。特に妊娠中には食べない方がいい、とされる食品もあったりして大変なのですよね。ストレスで肌荒れを起こすこともあるため、その分美容に気を遣う気持ちからコラーゲンをはじめとした美容成分を摂ろう、と考える方も少なくないはずです。

ただ、そうは思いつつ「妊娠中にサプリメントやゼリーって大丈夫なのだろうか」と考えたことはありませんか?もしお腹の赤ちゃんに影響でもあったら、と思うと心配でたまらなくなりますよね。

今まさに不安に駆られている方にお伝えしたいのは、コラーゲンのみを摂る食生活ならば避けるべき、ということです。不安なら医師に相談するように、と書かれているものはそうすべきですが、コラーゲンはもともと体内に存在するたんぱく質の1種であるため、過剰摂取に気をつけておけば妊娠中でもあまり心配はいらないでしょう。

授乳中にコラーゲンを摂っても大丈夫?

授乳中にコラーゲンを摂っても大丈夫?

授乳中は自分と赤ちゃん、2人分の栄養が必要です。そもそもコラーゲン自体人の身体に欠かせない成分ですし、コラーゲン不足は身体を弱らせてしまいます。授乳中はただでさえ体力を使う期間ですからしっかりと元気で過ごしていたいですよね。

副作用があると書かれるとどうしてもためらってしまいますし、授乳中は特に赤ちゃんのことも考えて慎重に慎重を期すのが親というものです。ですが、コラーゲンについては授乳中に摂取してもまったく問題ありません。というか、積極的に摂っていくべき成分のひとつです。

コラーゲンは肌荒れ対策にもなりますし、授乳時にはたんぱく質が豊富に含まれている母乳が望ましいとされています。そのため、授乳中はコラーゲンが不足しないよう心がけましょう。

コラーゲンよりも一緒に配合される美容成分に注意!

妊娠中や授乳中、コラーゲンを摂る際に最も重要なことは製品に含まれているほかの成分です。よくサプリメントの注意書きに健常な成人を対象に、といったような文言をみますよね。あの注意書きは言い換えれば成人に満たない子どもや、妊娠中・授乳中の方への摂取には何らかのトラブルが発生する可能性がある、ということなのです。

特に気をつけなければならないのが大豆イソフラボンをはじめとしたホルモンバランスに影響を与える栄養分です。動物実験での結果ではありますが、大豆イソフラボンの過剰摂取により卵巣や精巣に悪影響が出たという研究報告もあります。また、妊娠初期にビタミンAを過剰摂取することも胎児が奇形になる可能性があるといわれています。

コラーゲンは妊娠中・授乳中でも私たちを助けてくれる嬉しい成分ですが、配合成分には十分な注意を払うようにしましょう。

美肌を求めるなら琉球すっぽんのコラーゲンゼリー
PAGE TOP