マリンコラーゲンとアニマルコラーゲンとは?
  • 肌の構造とコラーゲンの働き
  • おすすめのコラーゲンゼリーの口コミを比較しました!
  • コラーゲンゼリーの選び方
  1. マリンコラーゲンとアニマルコラーゲンの違い

マリンコラーゲンアニマルコラーゲンの違いって何?

マリンコラーゲンとは?

マリンコラーゲンとは?

コラーゲン製品を探すと、「魚由来」「豚由来」などのような表示を見かけることがありますよね。これらの言葉が示す通り、コラーゲンは海洋性であるマリンコラーゲンと、動物性であるアニマルコラーゲンの2種類にわけられます。ここではマリンコラーゲンとアニマルコラーゲンの違いについて説明していきたいと思います。

現在、多くのサプリメントやコラーゲンゼリーで採用されているのはマリンコラーゲンです。では、マリンコラーゲンとは一体どのようなものなのでしょうか。

そもそも、コラーゲンは一定の温度で溶けるようになっています。マリンコラーゲンとアニマルコラーゲンはこのとき溶ける温度に違いがあり、マリンコラーゲンは9~12℃という低温で溶けるため、吸収率が高いことが特徴です。また、アレルギーが起こりにくいので安全性の高さでもマリンコラーゲンが優れているといわれています。

アニマルコラーゲンとは?

アニマルコラーゲンとは?

一方の動物性コラーゲンはというと、マリンコラーゲンよりだいぶ高いですが、35~38℃ほどで溶けるといわれています。アニマルコラーゲンは主に軟骨や手羽先、内臓、鳥の皮などから摂ることができ、製品化されているものの多くは豚由来です。

溶ける温度がマリンコラーゲンよりも高いため、身体に吸収されるスピードはアニマルコラーゲンの方が遅くなりますが、人間の肌、アミノ酸の組成に近いためなじみやすいという特徴があります。

また、コラーゲン特有のアミノ酸であるヒドロキシプロリンも豚由来のコラーゲンには多く含まれています。ヒドロキシプロリンは血中濃度が増すことで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を行う繊維芽細胞の増殖促進の作用もあることがメリットとして挙げられます。

コラーゲンの消化と吸収

マリンコラーゲンとアニマルコラーゲンそれぞれの特徴、違いについて述べましたが、この2種類を比較してどちらかが圧倒的に優れている、と言いきることはできません。マリンコラーゲンにもアニマルコラーゲンにも長所があり、品質は加工の方法によって左右されるところが大きいです。

ただ、消化のしやすさと吸収効率で考えた場合はマリンコラーゲンに軍配が上がります。マリンコラーゲンとアニマルコラーゲンで比較すると、マリンコラーゲンはアニマルコラーゲンの7倍の吸収効率を誇ります。

コラーゲンは摂取したあと、体内で素早く吸収されることが大切なので、私は吸収効率の良さから魚由来のマリンコラーゲンを選ぶようにしています。

美肌を求めるなら琉球すっぽんのコラーゲンゼリー
PAGE TOP