コラーゲンがお肌のシミやしわ、たるみも解消してくれるって本当?
  • 肌の構造とコラーゲンの働き
  • おすすめのコラーゲンゼリーの口コミを比較しました!
  • コラーゲンゼリーの選び方
  1. コラーゲンがお肌のシミやしわ、たるみも解消してくれる?

コラーゲン
お肌のシミ・しわ・たるみを解消してくれるって本当?

コラーゲンとシワの関係

コラーゲンとシワの関係

歳を重ねるごとに目立ってくる顔のしわ、気になりますよね。ですが周りを見れば高齢になるほどしわは増えていくものだし、「歳を取るとしわができるのは当たり前」だと思ってはいませんか?実はそうやって諦めてしまうのはとてももったいないことです。なぜなら、しわができることは確かに加齢と深く関わっていますが、しっかりと対策を行えば防げるものだからです。

しわと関係があるのは厳密に言うと加齢によるコラーゲンの減少です。コラーゲンが加齢によって減少することは「肌の構造とコラーゲンの働き」でも説明しましたね。コラーゲンは肌の奥、真皮層に網目状に存在して肌を支えています。ですが加齢でコラーゲンが減れば肌の弾力性や柔軟性の低下につながり、それが結果的にしわやたるみを発生させるのです。

コラーゲンとシミの関係

コラーゲンの減少がしわを発生させると言いましたが、コラーゲン減少による肌への影響はしわだけではありません。コラーゲンが真皮層に網目状に存在し、その間でヒアルロン酸などが水分を蓄えているということは、コラーゲンがヒアルロン酸を正しい位置に留めている、ともいえます。

コラーゲンには細胞の新陳代謝を活性化させる働きもあり、この状態なら肌のターンオーバーも正常に行われます。逆に言えば、コラーゲンが不足するとターンオーバーのサイクルが遅れることにもつながるのです。

シミの原因はメラニンが真皮に沈着してしまうことです。肌の生まれ変わり、ターンオーバーが正常に行われている状態であれば古くなった角質が排出される際にメラニンも処理されますが、ターンオーバーが乱れているとこの機能がうまく働きません。

コラーゲンを必要な所へ誘導してくれる「シアル酸」

コラーゲンを必要な所へ誘導してくれる「シアル酸」

コラーゲンがしわやシミに関係することを説明してきましたが、実際にコラーゲンを補給しようとしてもそこには大きな壁があります。というのも、コラーゲンは分子が大きいために肌に塗ったり、食品から摂取したり、といった方法ではなかなかコラーゲンを必要としている真皮層まで届かないのです。

ではどうしたらいいのかというと、ここでキーワードとなるのがシアル酸です。コラーゲンやヒアルロン酸ほど有名ではないので、初めて聞いた方も多いかもしれません。

シアル酸はコラーゲンを必要な場所まで誘導してくれる成分です。細胞と細胞の間の伝達を助けたり、細胞に何かが付着する際に仲介をするような役目を果たします。この効果はコラーゲンの誘導だけでなく、ウィルスが身体に入り込んだ場合に免疫細胞がウィルスをキャッチする手助けにもなるのです。

シアル酸はツバメの巣やローヤルゼリーに含まれるため、摂取する際はこれらが配合されたサプリメントなどを探しましょう。

美肌を求めるなら琉球すっぽんのコラーゲンゼリー
PAGE TOP